なぜ玄米?

0
    WIKI - 能登産玄米
    Bitte商店−犬のサプリと犬用品、人の健康サプリと、こだわり商品!


    なぜ玄米? と聞かれると、少し戸惑います。 『身体に良いから・・・?!』くらいしか思いつかないのではないでしょうか?

    玄米は、当然のことながら、収穫した米から、もみがらだけを除いたものです。玄米を精米するときに、ぬか層や胚芽を取り除き、後残った胚乳の部分だけにしたものが、通常食べている白米ということになります。 では、その取り除かれた、ぬか層や、胚芽の部分に何が含まれていたか、がわかれば、玄米にはどういう特徴があるのか少し見えてくるようです。 インターネット上あちこちのウェブページで玄米のことが紹介されていますが、ここでは、玄米から白米になった際に、大きく変化(減少)する成分をあげてみることにします。
      精米時に減少する玄米成分
    1. 食物繊維
    2. ミネラル分(マグネシューム、リン、鉄、カリウム、等)
    3. ビタミンB1
    4. ビタミンE
    といったところに、変化があるようです。

    ご存知のように、食物繊維は便秘の解消に効果的です。さらに、体内の余分なコレステロールや糖分、発ガン物質などの有害物質の排出を促す効果があり、糖尿病、ガン、動脈硬化等の病気に有効であると、記述されています。

    玄米はリン、鉄、カリウム、マグネシウム、亜鉛といったミネラル類も豊富に含んでいます。それぞれ体内で重要な働きをしている成分ですが、中でも、カリウムは体内のナトリウムイオン(塩の主成分)の排出を促す働きがありますので、塩分を控えなくてはならない高血圧が気になる人には重要なミネラルだといえるでしょう(高血圧症予防のためには、1日の塩分摂取量は成人で10g以下が好ましいといわれています)。

    ビタミンB1は体内で糖質(糖分)をエネルギーに変えるのに不可欠な成分です。ビタミンB1が不足すると,糖質をエネルギーに変えることができず、イライラする、疲れやすい,などの症状がでます。また、糖質がエネルギーに変わりにくいということは、余分な糖質を脂肪として体にためて肥満になる原因にもなります。

    ビタミンEに関しましては、このブログのビタミンEで、何度か記述していますので、割愛いたします。

    この商品のご購入は、能登産玄米−コシヒカリからお願いいたします。

    敬具、
    Bitte商店、店主
    キーワード:玄米 能登産 コシヒカリ 新米 発芽 健康 ビタミン ミネラル


    わん卓と、犬のサプリのBitte商店ホームページへ!

    コメント
    こんにちは、楽しく読ませていただきました。
    勉強になりました。頑張ってください!

    ゴマペプチドを買うならこちら
    [http://www.kenko-supli.jp/s_30.html]
    健康食品・サプリメント.jp
    [http://www.kenko-supli.jp]
    ゴマペプチドさん、 コメントありがとうございます。 ご教示していただきましたWEBを覗いてみました。たくさんの健康食品をあつかわれているのですね。また、いろいろと参考にさせていただきます。
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    他のビッテのブログのフィード

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM